中国のポータルサイト・百度に18日、「どうして日本のマンションは外に廊下を作るのか」とする記事が掲載された。

 記事は、以前日本を訪れた際に、日本の集合住宅の大部分が外に廊下を設置していることに気づいたと紹介。中国ではほとんどが内廊下になっているため、大いに驚いたと伝えた。

 その上で、日本で「外廊下」が多く採用されている理由について考察している。まず、外のオープンな空間に廊下を設けることで建物自体が明るく広々としているように見えるとし、中国の狭くて暗い建物の印象とは大きく異なるとした。

 また、廊下は緊急時の避難路という非常に大きな役割を持っていると指摘。地震が多い日本では、大きな地震が起きた時にすぐ逃げられることが集合住宅設計の基本になっているため、オープンな外廊下が採用されるのだと説明している。

 さらに、外から建物の様子が見えることで死角が減り、窃盗などの犯罪が起こりにくくなる、建物の構造がシンプルでコストがかからない、公共スペースの利用率が大幅に向上するといったメリットも持っていると紹介した。

 一方で、数多くのメリットが存在する一方で、デメリットも確かにあると指摘。それは、子どもの安全性が確保しづらいこと、そして雨風や直射日光に晒されることで劣化や破損が起こりやすく、メンテナンスの頻度が高まることだと伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)