中国のポータルサイト・百度に17日、「日本人は食事に対して、いったいどれほどのこだわりを持っているのか」とする記事が掲載された。

 記事は、日本が世界で最も長寿な国であるとともに、肥満率が低い国であることが広く知られており、それは日本人の健康的な飲食習慣が深くかかわっていると紹介。日本人は食材の鮮度、淡白な味付けを基本とした調理法に留意するだけでなく、食べ物を盛り付ける器の美観まで追求するとし、「日本人にとって食事は単にお腹を満たすだけでなく、食事に対して健康、栄養、そして、精緻さを求めているのである」と評した。

 その上で、日本人の食事に対するこだわりが現れる3つの要素を挙げている。まずは、食材に対する「真剣さ」とし、食材選びの際に鮮度や季節感を非常に重んじていると紹介。特に鮮度に対する配慮ぶりは、「賞味期限」という表示方法にも表されているとした。

 次に、味や栄養に対する追求ぶりを挙げた。味については食べ物本来の味を生かすこと大切にし、刺身や生卵など生食できるものは加熱することなくそのまま食することも少なくないと説明。蒸す、煮る、焼くを中心とした油の少ない調理法が主となっており、中国人にとっては「減量食」のような印象さえ抱くと伝えている。

 そして最後に、器の精緻さに言及。日本の器は種類が実に豊富であり、作られる料理に合わせて異なる形状の器を用意するとした。そして、美しさとともに素朴さ、安らぎを与える器の数々は、料理自体と相まって、食べる者に味覚だけでなく視覚的にも充足感を与えてくれるのだと紹介した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)