国際都市として発展を遂げてきた上海に、ここ数年異変が起きている。これまで日本人が多く駐在してきた上海から日本人がどんどん離れているのだ。もちろんコロナウイルスの影響は否定できないが、上海の日本人離れは数年前からすでに始まっているとのこと。いったいなぜか。中国メディア百度がその理由を分析している。

 一つ目の理由は物価の高さ。確かに、上海ではぜいたく品は日本よりも高く、長期で滞在していると経済的な負担を感じることはあるだろう。ただ、全体の物価については上海と東京では大きな違いはない。

 日本人が上海を離れるより大きな理由は「賃金体系の違い」にあるとのこと。記事はこの点について「日本では多くの場合企業に正社員として就職すれば、勤続年数に応じて給与は上がっていく。しかし、中国にはそうした習慣はない。中国では賃金は職位やポジションによって決まっている。例えば上海で現地採用された後、何年も昇進せずに同じポジンションで働いていれば、どれほど会社に勤めていても給与は変わらない。しかも、長年昇給できないことで解雇されるリスクも高まる。そのような”能力主義”に慣れることができずに中国での仕事をやめて日本に帰ってしまう人も多い」と分析している。

 こうした背景からも、現在中国では「雇用安定政策」を実施しており、待遇の充実と向上を図る政策を推し進めている。さらに、高卒者の雇用促進政策も進めている。

 上海の雇用条件の厳しさは、現地採用で滞在している日本人だけでなく、現地の中国人にものしかかっている、ということだろう。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)