バブル崩壊後に経済成長が低迷したことについて、日本では「失われた20年」あるいは「失われた30年」と呼ばれることがある。しかし、本当に日本経済はこの30年間「失われて」しまったのだろうか。中国メディアの新浪財経は13日、実際の日本経済が過ごした時間は決して「失われた30年」と呼ぶべきものではなかったとする記事を掲載した。

 記事はまず、最近の日本の株式市場は非常に好調であると指摘。日経平・・・・

続きを読む