中国では地下鉄や高速鉄道を利用する場合、空港で行われているような「保安検査」を受ける必要がある。そのため面倒で時間もかかり、場合によっては不愉快な思いをすることさえあるが、中国人はそうは感じないようだ。中国メディアの捜狐は14日、日本の公共交通機関で「保安検査がない」理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、公共交通機関に乗る前の手荷物検査などの保安検査は中国では常識になっていると紹介。すっかり慣れているので、面倒に感じることはなく、むしろ安心感があると伝えているが、なぜ日本には保安検査がないのだろうか。

 記事は、「混乱を避けるためではないか」と考察し、特に東京の駅は非常に混雑しており、新宿駅は利用者数で世界一になったこともあるほどだ。記事は、もしこんなにたくさんの利用者すべてに保安検査をしたら混乱を招き、人的・物的コストも計り知れないと伝えた。

 さらに「日本は治安の良い国」だから保安検査がなくても公共交通機関を運用できるのだとも指摘している。日本は「世界でも犯罪率の最も低い国の1つ」と紹介し、過去に公共交通機関で問題が起きたこともあるが、非常に少ないとしている。

 記事は、日本が保安検査を導入しないのには十分の理由がある、と理解を示しながらも「安全第一」であるべきとの見方を示した。保安検査がすでに習慣付いた中国では、面倒さやそれによる混雑などの不都合よりも、安心感が先に立つようだ。もっとも、一番の理想は保安検査がなくても犯罪や事件が起きない安全な社会であるのは言うまでもないことだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)