スマートフォンが普及した昨今だが、日本では今でもフィーチャーフォン、いわゆるガラケーを使っている人が一定数いる。スマホとガラケーの2台持ちという人も多く、スマホ一色の中国とは大きな違いだ。中国メディアの百家号は13日、今でもガラケーを使う日本人の心理を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本人は「意外と古いものが好きらしい」と紹介。中国ではすっかり過去の遺物になった、ガラケーやファッ・・・・

続きを読む