中国のポータルサイト・百度に15日、「日本人はどうしてこれほど桜の花を好むのか」とする記事が掲載された。

 記事は、日本がしばしば「桜の国」と称されるほど桜を大切にしており、毎年3月の終わりから4月ごろには多くの市民が花見に出かけることからも、日本人の桜に対する愛着ぶりがうかがえると紹介した。

 また、かつては春に桜が咲く時期を頼りに農耕の開始時期を判断しており、農家が満開の桜の木の下で農業の神様を祀り、一年の順調な天候を願ったことが、今の花見の起源だとしている。

 そして、日本人の桜に対する愛着は、「もののあわれ」の文化と深く結びついているとし、桜の花が満開の時期はとても短く、数日でひらひらと花弁が落ちてしまうはかなさ、あっけなさに、日本人は美しさを感じるのだと説明。その背景には、資源に乏しく天災が多い地理的環境からくる日本人の不安感があり、桜の花の散り様が日本人の生命に対する態度とぴったり合っているのだと解説した。

 さらに、江戸時代には桜が武士道精神と融合し、しばしば桜の散り際と武士の生命の終え方が重ね合わされてきたと紹介。潔く散るという武士道精神により、桜の花は「もののあわれ」の象徴から、民族精神の象徴へと昇華されていったのだと伝えた。

 記事は一方で、日本の一般市民の多くは「もののあわれ」や武士道精神といったことに関係なく、「純粋に美しいと感じることで、桜を愛しているのだ」とも指摘している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)