日本オリジナルの規格である「軽自動車」。物理的に大きな車が好まれる中国からすると、日本の道路で軽自動車が多く走っているのを見ると驚くようだ。中国メディアの捜狐は10日、日本の軽自動車について紹介する記事を掲載した。

 まず記事は、日本で軽自動車が人気となっている理由について分析。道路が狭く駐車が不便な日本では、サイズの小さい軽自動車が便利だと指摘した。また、税制面での優遇や、燃費の良さも要因で、「多くの家庭で2台目に軽自動車を選ぶ」と伝えた。

 軽自動車は女性と高齢者からも人気が高いとしているが、中国では軽自動車は「弁当箱」のような見た目だとして人気がないだけに、日本での人気ぶりは意外であるようだ。一方、軽自動車はコンパクトではあるものの、「その性能は決して甘く見ることはできない」と紹介。エンジンは自然吸気のほか、ターボエンジンやマイルドハイブリッド、電気自動車もあると伝えた。また、トランスミッションもマニュアル、オートマ、CVTの種類があり、駆動方式も前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動から選べると説明している。

 さらに、カーナビやバックモニター、横滑り防止装置、緊急自動ブレーキなど多くの装備を付けることができ、「普通車と全く遜色ない」と強調。このため、価格も決して安くはなく、なかにはコンパクトカーより高いものもあると伝えた。

 最近の軽自動車はトールワゴンが人気で、かなりの割合を占めていると思われるが、中国ではトールワゴンの人気がかなり低い。仮に軽自動車の規格が中国にあったとしても、日本のようには普及しないのではないだろうか。日本の軽自動車文化は世界的に見ても独特なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)