日本には偽札がほとんどないと言って良く、発見されると全国ニュースになるほどだ。これは、偽札が非常に多い中国では信じられないことと言えるだろう。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、「日本で偽札が見つかると大変なことになる」と紹介する動画を紹介した。

 この動画ではまず、日本を訪れたことのある中国人は、誰もが「紙幣の扱いに驚く」と紹介。日本の小売店のレジには紙幣鑑別機がなく、店員もお札をすかして確認することさえしないからだという。中国の店には鑑別機があるのは普通で、額面の一番大きな100元札は特に、店員が必ず偽札でないかどうかを念入りに確認するものだ。

 では、なぜ日本では店員が確認もせずに紙幣を受け取れるのだろうか。動画は「手触り」と「印刷技術」、それに厳しい「法律」のおかげだと紹介。日本の紙幣はみつまた、アバカ(マニラ麻)などを原料としていて、和紙のような独特の手触りを特徴としている。印刷には、すき入れや凹版印刷(おうはんいんさつ)をはじめ、実に様々な技術を駆使していて真似するのは困難で、同じものを再現しようとすると費用が掛かりすぎて、リスクに見合うだけの利益が出ないと説明している。

 また「日本で偽札が見つかったら大変なことになる」というのも当然というものだろう。中国では偽札が多いため、動画を見て「強い国が強いのには理由がある」と感心するコメントや、「中国ではかつては偽札をつかまされないよう常に注意していなければならなかった」といったコメントが寄せられた。

 中国ではモバイル決済がすっかり浸透したので、今では偽札をつかまされるリスクも減ったが、国民が偽札の撲滅を期待していないからこそ、モバイル決算がこれだけ急速に広まったという見方もできる。ここが日本とは大きく違うところだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)