経済的に豊かになった中国人の生活は、ますます便利かつ快適になっている。高速鉄道をはじめとする公共交通機関も整備され、移動は便利になった。しかし、高速鉄道の移動中に食べる駅弁という点では、どうしても日本に負けるという。

 中国メディアの百家号はこのほど、日本の駅弁と比べると、中国は高速鉄道や長距離列車で売られている弁当はあまりにひどく、圧倒的な差があることが分かると論じる記事を掲載した。

 記事はまず、中国の列車でよく見られる様子を写真で紹介。それは、食事の時間にみんなでカップ麺をすすっている場面だ。事実、中国では今も高速鉄道の車内でカップ麺を食べる人が少なくないと言われる。食べ物は温かいまま食べたい中国人にとって、お湯さえあればどこでも食べられるカップ麺は、とても便利な食べ物なのだろう。

 中国の列車内でも食事の時間帯になると弁当の販売をしているが、「弁当は全然売れない」と紹介。その理由として、見た目は粗末なわりに強気の価格設定にあるとした。中国の駅弁はかなり割高であるため「みんなカップ麺で簡単に済ませる」と伝えている。

 ではなぜ日本では駅弁がそんなに売れるのだろうか。記事は「見た目に尽きる」と主張。日本の弁当はおかずの組み合わせにこだわり、芸術的な盛り付けで目に美しく、「誰でも好きになってしまうのは当たり前」と絶賛した。

 記事では、日本の駅弁の味については言及していないが、それは食べたことがないからかもしれない。実際のところ、日本旅行に来て日本の駅弁を食べたことのある中国人の多くが、日本の駅弁のおいしさと合理的な価格を称賛している。中国の鉄道会社も、日本の駅弁を参考にすればもっと売れるようになるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)