日本は工作機械の分野で世界トップレベルの競争力を持っている。2009年に「生産額」では中国に1位の座を譲り渡し、その後はドイツと2位を争っているが、日本の技術は非常に高く、中国にとってもなくてはならない存在になっている。

 中国メディアの快資訊は3日、「日本がもしハイエンド工作機械を輸出してくれなければ、中国は高速鉄道も飛行機も作れない」という噂(うわさ)があることを紹介し、その噂は果た・・・・

続きを読む