中国では数年前、下水や排水溝から抽出し、精製した油である「下水油」が流通していることが発覚し、大問題となった。精製しているとはいえ下水油には有毒な物質が含まれており、食用として販売することは違法だが、いまだに流通しているとも言われている。しかし、日本では「下水油」の問題はまずないと言って良いだろう。この違いはどこにあるのだろうか。

 中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、日本で下水油が販売・流通していない理由について紹介する動画を配信した。中国は日本の方法から学べると紹介している。

 動画では、日本では中国と違って下水油の問題が発生しない理由として、「厳格な法律と法執行」にあると分析。これは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」や「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)」のことを指しているようだ。

 また、そもそも下水油を買いたいと思っても日本では手に入らないと指摘。なぜなら、「廃食用油を回収し、リサイクルする仕組みがあるから」だと説明した。そして、回収した廃食用油に食用としては使えない「ヒマシ油」を加えることで、食卓に廃食用油が上らないようにしていると解説。このほか、回収した廃食用油をバイオディーゼル燃料にして再利用していると伝えている。

 この動画を見たネットユーザーからは、「厳格な法律と整備された回収ルート、そして、法を守る市民。これで下水油が出るわけがない」と感心するコメントが寄せられた。また、「下水油の生産者を厳格に処罰しないと下水油はなくならない」、「中国の市場では下水油がまだ流通しているに違いない」とのコメントもあり、やはり、今でも中国では深刻な問題となっていることがうかがえる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)