海外に進出している日本の飲食店は少なくない。なかには海外で数百店も出店している企業や、高級店として大成功を収めた飲食店もある。中国の飲食店のなかにも海外進出している企業はあるが、日本と中国とでは海外展開する際の戦略は異なっているようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、この違いについて分析する動画を配信した。

 海外進出の戦略における日中の違いについて動画では、日本は「地元の消費者」を主な顧客ターゲットとしているのに対し、中国は「現地の中国人」を主な顧客ターゲットとしていると分析。実際に、海外で人気の日本のラーメン店に並んでいる客層の多くが地元住民で、日本人客はあまりいないが、海外の中国火鍋店は客のほとんどが中国人だという。

 なぜこのような違いがあるのだろうか。動画では「人口」が主な理由だと分析。どの国に行っても中国人は多くいるため、海外進出した中国の飲食店は、やはり中国人客をメインとし、地元の需要をおろそかにする傾向があるという。しかし、海外に住む日本人は多くなく、日本人だけを相手に商売をしても長続きしないことが分かっているので、日本企業は地元の消費者に合わせた戦略を取っているのだと説明した。

 この動画に対し、中国のネットユーザーからは「外国人からすると、中国料理はおいしいけど衛生や食品安全に問題があるとのイメージがある。だから外国人をターゲットにしても儲からない」、「中国人は客のことを考えて商売している人は少ない。独善的な店が多い」など、別の問題点を指摘するコメントが寄せられた。

 また、「日本の中華料理店は客のほとんどが日本人だ」との指摘もあったが、日本の中華料理は日本人の口に合わせて改良された料理だからと言えるだろう。本場の味とは変わってしまうとはいえ、やはり「郷に入っては郷に従え」が成功の秘訣と言えるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)