中国のポータルサイト・百度に6日、「100年以上も時間が経過しているのに、どうしていまだにこれほど多くの中国人が日本海軍を恐れているのか」とする記事が掲載された。

 記事は「人というものは総じて、過去の歴史に対する深い記憶を持っている」とした上で、今もなお実に多くの中国人が「中国海軍はすでに日本の海上自衛隊よりも強くなった」ということを信用しないと紹介。たとえ日本人自らがこれを認めたとしても信じないとし、近ごろ日本の軍事関連雑誌が中国海軍の実力についてすでに日本を大幅に上回っており、将来的には日本の2倍以上にまで差が広がる見込みだとの見解を示したことを伝えた。

 そして、多くの中国人がいまだに日本の海上軍備力を恐れる理由として、1894年の日清戦争時の黄海海戦の惨敗があると指摘。多くの人は当時の北洋水師がアジア最大のトン数を誇りながらも日本海軍に敗れたという説を信じているとした上で、この説は誤りであり、実際に北洋水師が強かったのは初期のみであり、黄海海戦時には日本海軍のほうがトン数、艦船の性能いずれにおいても上回っていたと伝え、特に艦船の速度、速射砲の数、発射速度といった点で日本海軍が大きくリードしていたと説明している。

 記事は、北洋水師の惨敗はまさに装備も実力も劣っていたからであるとした上で「日清戦争の誤った説明により多くの中国人が日本海軍に対し深い恐れを抱くようになり、これに第2次世界大戦における日本の暴行、戦後の日本の技術発展、そして、現在の海上自衛隊の先進的な装備が加わることで、いまだに中国海軍は装備でも実力でもすでに日本を超えたと口にすることができないのである」と論じた。

 その上で、この状況は次に海戦が起こって日本に勝利するまで変わらないかもしれないとの見方を示すとともに「その日は、もう遠くないかもしれない」とした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)