日本の食文化は健康的で、長寿の一因と言われている。しかしそれだけでなく、「食べ物を粗末にしない」というのも良い習慣だ。中国の動画サイト・西瓜視頻で、日本在住の中国人女性が「日本人は食べ物を無駄にしない」と紹介する動画を配信した。

 この中国人女性は友人を自宅に招いて一緒に食事をするのが好きだというが、「日本人と食事する時は注意しないといけない」と伝えている。中国では人をもてなす際にはテーブルいっぱいに料理を出し、招かれた客は「食べ残す」のが礼儀だが、日本では出されたものをすべて食べきるのが礼儀なので、全て食べようと無理をしてしまうからだ。そのため、「中国人が日本人を食事に招くと、日本人は二度と来たがらない」という笑い話があるほどだという。

 中国では、現在「光盤行動」が広まっている。これは、皿の上の食べ物を残さず食べようというもので、習近平国家主席が主導となって食べ残しの根絶に取り組んでいる。そのためか、この動画に対する反響は大きく、関心のほどがうかがえる。ほとんどのコメントは「日本人の節約志向を見習うべき」と称賛するものだった。

 「日本人は自律性が高い」と日本の習慣を評価する内容のほか、「中国の結婚式では料理の3分の1しか食べない。3分の2は余る」、「中国の高級レストランの浪費は驚くほどだ」という人もいた。中国では「あえて食べきれない量を用意し、満腹になるまでもてなす」ことがマナーとされるので、無駄が出やすいのは結婚式や高級レストランでの会食のようだ。

 とはいえ、あまり賛同できないという人もいて、「これは文化であって浪費ではない」、「客が食べ切ってしまったら足りないということ」など、心理的な抵抗が強いことも感じられた。また、「最近は残ったら持ち帰るようになってきた」という指摘も多かったが、どれだけの人が持ち帰ったものを家で食べるかは疑問で、日本のように食べきれる量を用意するのが、もっともエコだと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)