日本政府は、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画の停止を決定した。代替策としてイージス艦2隻を新造する方向で調整しているが、2隻で約5000億円かかる見込みだ。中国メディアの快資訊はこのほど、「日本は高い技術力があるのに、なぜわざわざ米国からイージスシステムを買うのか」と題する記事を掲載した。

 記事によると、多くの中国人は「日本の武器・兵器のレベルは非常に高い・・・・

続きを読む