中国のポータルサイト・百度に1日、「日本や韓国にはお金がたくさんあるのに、どうして幸福が不足しているのか」とする記事が掲載された。

 記事は、現在中国の若者からはしばしば「自分が心理的に満たされず、幸福を感じられないのはお金がないからだ、お金があれば様々な困難を解決できる」といった声が聞かれるとした上で「しかし、お金をたくさん手に入れることで、生活の苦しさからは本当に脱却できるのか」と疑問を呈した。

 そして、この件を考える上でアジアの先進国である日本と韓国の事例を参考にすることができると紹介。国連が実施した世界の幸福度調査の結果を見ると、ある程度のお金を持っているはずの日本や韓国の順位が低く、上位は欧米諸国の独占状態になっているとし、分析をしてみたところ「日本、韓国を含めたわれわれアジア諸国はなおも、欧米に支配されている」ことが大きな原因であることが分かったと伝えている。

 その上でまず、日本や韓国の経済発展が元をたどれば、米国資本の大々的な支援によるものであるとともに、両国とも社会構造の見た目は独立しているように見えるものの、実際には西洋人の思考方式に依存しており、「ずっと被支配の状態にあり続けているのだ」と論じた。

 また、欧米諸国の幸福度の高さは社会福祉の充実にあり、政府がそれだけの財政収入を持っていることがあると指摘する一方で、「これらの収入はどこから来ているのか。表面的には高い税率によって賄われているように見えるが、実際のところはグローバル化した産業構造に依存し、発展途上国からの搾取することで得ているのだ」と主張している。

 記事は、日本や韓国も「まさにこの搾取の対象になっている」とし、言ってしまえば「欧米人の充実した福祉、幸福な生活のために労働者は精神的な抑圧を強いられており、毎年過労死者や自殺者が後を絶たないのだ」との考え方を示した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)