中国の建築設計であまり意識されていないが、日本のデザインでは必ずといっていいほど意識されていることがある。その違いのために、日本の家は住み心地が良く、中国の家は不便な点が多いようだ。その最大の違いとはなにか。中国メディア和訊網がこの点について説明している。

 最大の違いは「動線」。中国ではまだこの「屋内の動線」の設計についてあまり意識されていないため、不便なことが起こるという。例えば、トイレに行きたくて急いで外から帰ってきたのに、トイレが家の奥にあるため、玄関のドアを開けリビングを横切り、やっとトイレに到達する。さらに、キッチンも家の奥に設置されていることが多く、外から大量の食材を買って帰ってくると、ダイニングを横切りようやくキッチンにたどり着き、やっと荷物を置ける。「こうした“間違った動線”の屋内設計に、中国人は慣れてしまっているが、日本に行って屋内設計を見るとその違いに気づく」と中国メディアは述べている。

 例えば、日本ではトイレや浴室などが玄関などから比較的近い場所に設置されている点に注目しており、「水蒸気がこもりやすい場所を玄関付近に設置し、換気扇を設置することで換気が容易になる。また、玄関と浴室、リビングの空間を分けることで、外から持ち込まれやすい菌を玄関に締め出し、伝染病が家庭内で広がるのを防いでいる」。このように、日本の屋内設計には相応の理由があると説明している。

 さらに、この「動線」の問題は、防災についても及んでいる。日本のマンションでは、ベランダに避難用のはしごや非常階段が必ず設置されており、マンション内で火災が起こった際に避難できる「動線」がいくつも確保されており、万一の時の安全対策もしっかりとられている、と指摘している。

 さらに「中国の屋内設計は風水に基づいているためこのようになっている」という意見も紹介しつつ「まずは自分たちの生活やニーズに合わせて、日本の設計も参考にしつつデザインを調整することが大切」とまとめている。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)