中国のポータルサイト・百度に29日、「もし中国にこの技術がなかったら、日本や米国はこんなに中国を恐れなかっただろう」とする記事が掲載された。

 記事は、中国の技術力は全体的に見ればまだまだ米国には及ばないものの、多くの技術分野で世界をリードするに至っており、一部の先端技術で目覚ましい成果を上げていると紹介。そのうちの1つが無人機の技術であり、かつて日本のある専門家が「もし中国にこの技術がなかったら、米国も日本もこんなに中国を恐れていなかっただろう」とさえ語ったとした。

 そして、軍事分野における中国の無人機開発はすでに世界先進レベルに達しており、まるで蜂の群れのような無人機の攻撃技術に日本や米国の専門家は警戒せざるを得ず、この技術があるからこそ両国は安易に中国に手を出すことができないのだと論じている。

 記事はその上で、中国の無人機が強みを持つのは他の武器との組み合わせがあってこそであると指摘。強力な武器の前提がある中で、製造コストが低く、小回りが利き、高速移動が可能な無人機が存分に威力を発揮し、敵を確かに攻撃することができるのだとした。また、いざという時には自ら敵の目標に突っ込むことで、コストパフォーマンスの高い戦果を挙げることも可能だと伝えた。

 また、現時点では日本も米国も中国の「蜂の大群」に抗う手段を持っていないとし、もし現実の先頭に用いられることになれば、無人機の技術が非常に大きな殺傷力を持つことは間違いないと評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)