日本は、水道水をそのまま飲むことのできる世界でも数少ない国だが、日本でも浄水器を使用したり、あるいはウォーターサーバーやミネラルウォーターを買うなど、水道水はほとんど飲まないという人は少なからず存在する。日本在住の中国人からすれば、「水道水が飲めるのに、飲まない人がいる」ということは不思議なことのようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、「日本で水道水を飲まない人がいる理由」について紹介している。

 この女性はまず、「日本人のなかには水道水をほとんど飲まない人も少なくない」と主張。中国人からすれば「せっかく安全な水が簡単に飲めるのに」と不思議に感じているようだ。その理由として、「衛生面で不安がある」ためではないかと伝えている。水そのものは安全でも、水道管がきれいとは限らないからだ。確かに、古い水道管だとサビで水が茶色くなってしまうことがある。

 そのため、日本人は飲用水を店で買って来たり、専用の容器を買ってスーパーの無料水をもらうケースもあるようだと紹介。スーパーとしては、このサービスのおかげで客足が増え、客には買い物ついでに水をもらえるメリットがあるのだろう。

 これに対して中国のネットユーザーからは、日本人が水道水を飲まないというのはあり得ない、という反応が多く見られた。中国には日本を旅行で訪れたことのある人も多く、「日本滞在中はホテルの水道水をボトルに入れて持ち歩いていた」という人や、「日本の水道水は甘くておいしかった」という実体験を紹介している人もいた。

 中国では、水道水をそのまま飲むことはできないので、水を沸かしてから飲むか、浄水器を付ける、あるいは飲用水を購入する必要がある。日本でもミネラルウォーターを買うなどしている人がいるとはいえ、水道の水がそのまま飲めるというのは、日本の良さの1つだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)