中国メディアで日本の技術力について取り上げられることはよくあるが、24日付の中国メディア百度が「この分野では誰もかなわない! 今でも日本は間違いなく世界一」という記事で、日本の優れた技術について三つとりあげている。

 一つ目は「セラミックコンデンサー」。実は日本はこの分野でのシェアが世界一だ。記事も「世界中のパソコンのマザーボードに使われているコンデンサのほとんどが日本製と言われるほど」と述べている。しかも、5G時代の到来とともに、高品質の電子部品需要は増え続けている。日本はこのセラミックコンデンサー製造分野でシェア、生産力、品質、技術力などあらゆる面で世界一だ。

 二つ目は「精密部品加工技術」。「多くの人が日本製の自動車エンジンや航空エンジンを見ると、そのすごさに言葉にならないほどの衝撃を受ける。軸受、ねじなど細部に至るまで精密なその各部品の作りに、日本の精密部品加工技術の凄さを見て取ることができる」。実際、こうした技術を真似しようとエンジンなどを解体してみても、「その技術力に圧倒されるばかり」と述べている。

 三つ目は「家庭ゴミの処理技術」。意外に感じるかもしれないが、この分野でも世界一だ。人口が多く、ごみの排出量も多い日本ではゴミ処理は重要な課題だ。日本のゴミ処理技術は世界的にも高く、ゴミの分別に関する教育も徹底している。ゴミ分別については「幼稚園から教え込まれるほど、意識が高い」と評している。

 一方で、記事は「こうしたハード面の技術に日本の強みがあるとはいえ、ソフト面はさほど強くはない。例えば、ロボット開発技術は優れているが、開発に用いるソフトやコンパイルされるシステムはアメリカに依存している。世界的にも、技術を分業していく流れの中で、こうした状況はやむを得ない」とまとめている。記事は「日本のこうした技術力については学ぶべき価値がある」とまとめている。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)