現在「鬼滅の刃」が空前のヒットを続ける中、中国でも改めて日本のアニメに注目が集まっている。とりわけ、日本のアニメを語るとき、宮崎駿作品を抜きにして語ることはできないだろう。「となりのトトロ」、「千と千尋の神隠し」や「ハウルの動く城」、「風立ちぬ」など数々の作品が中国でも人気になった。

 24日付の記事で、中国メディアの百度が「中国では、なぜこれほど宮崎駿作品が根強い人気なのか」と分析して・・・・

続きを読む