1冊の本が人生を大きく変えてしまうということがあるが、時には1つの国を大きく変えるほどの影響力もあると言える。中国メディアの快資訊は23日、日本を大きく変えた本について紹介する記事を掲載した。その著者は中国人だという。

 記事が紹介したのは、清の時代の思想家である魏源が著した「海国図志」だ。この本は地理情報だけでなく、西洋の科学技術について詳細に紹介しており、西洋の脅威に対抗するためには・・・・

続きを読む