中国高速鉄道の総延長距離は世界最長であり、中国では「中国高速鉄道は今や世界一の高速鉄道システムである」と自画自賛する人は少なくない。

 しかし、そんな中国人たちも日本の「寝台列車」を見ると「言葉を失ってしまう」のが現実だという。中国メディアの百家号はこのほど、「中国高速鉄道こそ世界一」だと自慢げに話す中国人たちも日本の寝台列車には「言葉を失う」と論じる記事を掲載した。

 記事は、中国では高速鉄道が国内を縦横無尽に走り、利用客は快適に移動することができるようになったと紹介し、総延長距離の長さや営業速度の速さの双方が世界一の水準にあることから、中国高速鉄道は「世界の高速鉄道をリードする立場」にあると自画自賛する中国人は多いことを紹介した。

 続けて、中国高速鉄道を誇りとする中国人たちすら「黙り込んでしまう」存在が、日本の寝台列車であると主張。日本の寝台列車は近年、「豪華な旅行」を楽しむための存在へと変わっているが、記事は「日本の寝台列車は車両内に豪華な客室があり、客室内には浴室からベッドまで、ありとあらゆる設備があり、まるで移動する高級ホテルのようだ」と指摘した。

 また記事は、中国高速鉄道は確かに急激な発展を遂げ、わずか数時間ではるか遠くの土地まで移動できるようになったのは事実だとしながらも、旅に快適さや楽しさを提供する、至れり尽くせりの日本の寝台列車には敵わないのが現実だと主張。だからこそ「中国高速鉄道こそ世界一」だと自慢げに話す中国人たちも日本の寝台列車には「言葉を失う」のだと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)