1978年に改革開放を導入し、急激な発展を続けてきた中国。すでに国内総生産(GDP)では日本を追い越して世界第2位となり、ほかにも日本を追い越した分野が多くあると主張している。

 とはいえ、改革開放前の中国は立ち遅れた国だったのも事実であり、中国メディアの快資訊はこのほど、1960年代後半の日本の写真を掲載し、「日本がいかに早くから発展していたか」を紹介している。

 ・・・・

続きを読む