日本や韓国、中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など15カ国は15日、オンライン形式で会合を開き、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に署名した。中国メディアの百家号は17日、RCEPの最大の受益者は日本だとする記事を掲載した。4つの理由があるという。

 その1つは「貿易面」でのメリットだ。日本の輸出入の約7割をRCEP参加国が占めており、多くの関税がなくなることは日本企業の利益が増・・・・

続きを読む