日本と中国は同じアジアの文化圏だが、似ているようで異なる部分もたくさんある。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本は街を見ているだけでも中国との違いをいくつも見つけることができると紹介し、「パッと見て分かる7つの違い」を紹介する動画を配信している。

 投稿者は日本在住の中国人女性で、東京の街並みを撮影したうえで紹介している。そして、中国で良く耳にする「細部が成敗を決める」という言葉を用いたうえで、「この言葉がどのようなことか、日本の街を見れば良く分かる」と感心している。すぐに感じるのは「社会の秩序」と「民度の高さ」であるようだ。

 投稿者が挙げた中国との違いの1つ目は「列に並ぶとき距離を空けること」だという。今は世界的にソーシャルディスタンスが奨励されているが、「日本ではコロナが感染拡大する前から、列に並ぶ人同士が一定の距離を保って並んでいる」と紹介した。これは「割り込まれないよう距離を詰めて並ぶ」のが当たり前の中国とは確かに異なっている。

 2つ目は「服装が地味なこと」。暗色系の服が多く、スカートの長さも女子高生以外は長めで、ボディラインが出るような服を着る人も見かけないと紹介。この点、中国人は派手な服装を好む人が多く、中高年でもミニスカートを履く女性もいるためか、日本人は保守的と感じられるようだ。3つ目は「中高年層を多く見かけること」だが、孫を連れた高齢者は見かけないとも伝えている。

 4つ目は「食べ歩きする人が少ない」ことで、ごみ箱もないと紹介。中国では食べ歩きは普通のことだ。5つ目は「スリムな人が多いこと」、6つ目は「シェアサイクルがないこと」。そのかわり、自転車保有率が高いと伝えた。最後は、日本では「自転車の駐輪場所が定められており、皆がルールを守っている」と紹介し、放置自転車は撤去されてしまうと伝えた。

 これに対し、ほとんどのユーザーは日本人の民度を称賛。「先進国は民度も高い」という人や、「ルールを守り、法律を守る社会は、安心感を与えてくれる」と称賛するコメントが多かった。ある人は「日本でごみ箱がなくて困っていた時、近くで食事中の家族がごみを引き取ってくれた」というエピソードを紹介していた。少し街を観察するだけでも、日本と中国には違いがたくさんあるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)