訪日中国人が日本で見聞きして驚き、そして称賛するものの1つに「トイレ」がある。中国の動画サイトである騰訊視頻はこのほど、新幹線のトイレについて紹介する動画を配信した。動画の撮影者は「高級すぎる!」と驚きを示している。

 動画で紹介しているのは東海道新幹線の車内にあるトイレだ。中国人の撮影者はトイレに入ってまずその清潔さに驚いたようで、「これはあまりに清潔すぎるだろう。少しも異臭がしない」と感想を述べている。

 そして、トイレ内にセンサーが2つあることに気が付いたという撮影者。1つのセンサーに手をかざすと、便座が自動で下がるようになっており、「これは高級すぎる!」と感動した様子だ。もう1つのセンサーに手をかざすと自動で水が流れ、いずれも手を触れる必要がないため、「これは潔癖症の人にぴったりだ」と述べている。

 このように、新幹線のトイレには多くの便利な機能が備わっているが、撮影者が最も高く評価したのは、こうした便利な機能ではなく「トイレットペーパーが備え付けてあること」だった。中国の公衆トイレではトイレットペーパーが備え付けられていないのが一般的であるためか、新幹線では無料でトレイットペーパーを使うことができることに感動したようだ。

 中国高速鉄道の車両は比較的新しく、最新の設備を備えているはずだが、トイレについてはそれほど力を入れていないのだろう。営業速度では世界最速を誇る中国高速鉄道でも、トイレ事情については新幹線に遠く及ばないようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)