中国のポータルサイト・百度に16日、「将来日本は中国のために米国を捨て去ることがあるだろうか」という質問に対する外国人ネットユーザーの見解を紹介する記事が掲載された。

 記事は、日本、中国、韓国の東アジア主要3か国が相互協力を保てれば、必ずやアジア、ひいては、世界にとってのメリットになるだろうとする一方で、日本と韓国が政治的、軍事的に米国に依存している状況ではその実現はなかなか難しいとの見解を示した。その上で、このほど海外のウェブサイト上で「将来日本は中国のために米国を捨てることがあるか」との議論が繰り広げられたとし、3人のユーザーによる回答を紹介している。

 まず1人めは、「日本は国際問題において米国に偏向しすぎることはないし、中国に偏向することもない」と回答。国のリーダーが依然として冷戦状態にあると認識して米国に偏向するならば、中国という巨大な貿易パートナーを失い、経済発展ができなくなるとしたほか、米国に歩み寄ることですべてが「従属者」と「敵」との関係になるという単純な考え方は愚かだとの考えを示した。

 2人めは、「日本が中国に偏向することは永遠にありえないと思う」とし、その理由として日中両国にはなおも戦争を巡るわだかまりが存在していること、そして、日本の高度成長に米国が多大なる寄与をしてきたことをを挙げている。

 3人めも「可能性は小さい」とし、日中両国が対立の関係あるとの見方を示した。そして、日本国内に米軍が駐留し続けていることから米国は日本人から「より頼れるパートナー」だと認識されていることがうかがえるとし、日中両国では経済や貿易の関係を強化することはあっても、全体的に中国に偏向することはないだろうと考察した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)