1985年9月の「プラザ合意」は日本経済に極めて大きな影響を与えたことで知られており、また、日本のバブル崩壊の導火線となったという見方もある。

 そのバブル崩壊から現在に至るまで、日本経済は「失われた30年」とも呼ばれる経済低迷状態にあるといわれるが、中国メディアの百家号は12日、日本はなぜ今でも世界第3位の経済大国の地位を保持できているのかと問いかける記事を掲載した。
続きを読む