中国では中国高速鉄道と新幹線はライバル同士であるとして、何かと双方を比較する風潮が強いが、高速鉄道の「駅」という観点ではどちらがより優れているのだろうか。中国の動画サイト・西瓜視頻で、ある中国人が新大阪駅の様子を動画で伝え、「新幹線の駅と中国高速鉄道の駅」を比較している。

 動画ではまず「新大阪駅には多種多様な店がテナントとして入居していて、非常に充実している」と紹介。1階にはレストラン街があり和洋中何でも揃っていて、2階には売店・カフェ、3階にはコンビニなどがあり、新型コロナウイルスの流行前はここで土産物を買う外国人旅行者でごったがえしていたと伝えている。中国では駅に店は少なく、しかも料金が高いので、乗客は大抵駅に来る前に土産物や食事などを購入しておくものだ。

 さらに、改札口は中国とは違って好きな時に自由に入れると紹介。中国では発車時刻の15分前から改札が開くのだが、それまではホームに入れないので、改札時間になると長蛇の列ができる。乗客の利便性よりも管理のしやすさを重視しているのだろう。また、動画ではホームで駅員がお辞儀をしてあいさつしている様子が映っており、「日本のサービス業ではこれが標準だ」と伝えている。

 これを見た視聴者の多くは、新大阪駅がきれいなことに着目。「どこもかしこも掃除したばかりのようだ」という人もいた。また、「駅が市街地にある」ことを高く評価する声も多かった。中国では高速鉄道の駅を郊外に建設していることが多く、「駅に着いてから、市内に入るのにバスで1時間かかる」と不便さを指摘する人や、日本の駅は「ショッピングモールと一体化していて、便利で細かいところにまで配慮がある」と称賛する人も目立った。

 また、荷物検査がない日本の駅は「乗客が時間を浪費しないですむ」と肯定的に捉える人も少なくなかった。中国では防犯対策として手荷物検査が空港並みに厳しく実施されていて、荷物検査がないと不安だという人もいるが、この動画の視聴者には「荷物検査のない新幹線はシンプルで良い」と好評だった。「駅」という観点で見ても新幹線のほうが優れていると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)