日本はとてもきれいな国だと多くの中国人が称賛するが、なぜこれほどきれいなのだろうか。中国の場合、ごみ箱を多数設置して清掃員が朝から晩まで道路を掃除しているが、日本では「多数のごみ箱」も「1日中掃除をする清掃員」のどちらも存在しない。

 日本に住んでいるある中国人男性は、ある光景を見て日本の道路がきれいな理由に気付いたそうで、中国の動画サイト・西瓜視頻で紹介している。

 この男性はまず、日本はどこでも清潔だが「中国ならどこにでもいる清掃員は見かけない」と紹介。ごみが出ると各自が家に持ち帰るからで、日本に来てから誰かが街を掃除しているのを見たことがないと伝えている。

 しかし、この日は、たまたま道路の落ち葉を掃いている人を初めて見たので撮影して配信したそうだ。それは清掃員ではなく「客待ちをしているタクシーの運転手」だったと紹介。動画には自前の掃除用具で道路をきれいにしているタクシー運転手の様子が映っている。配信者は、「別に日本人の民度がいかに高いかを伝えようとしたのではない」と前置きしながらも、日本ではこのタクシー運転手のように「ごみを捨てるどころか、自ら掃除してくれるほど公徳心の高い人が多い」ことを強調した。

 空き時間に自主的に公共の場所をきれいにする様子を見たユーザーからは、日本人の「民度の高さ」を称賛する声が非常に多く寄せられた。「これこそ教育の本質」、「日本の民度教育は素晴らしい。我々も学ぶべきだ」、「愛国とは関係なく、良いものは良い」など、運転手のみならず日本全体の民度を高く評価している。

 中国の場合、誰かが見ているか、何かしらの報酬がなければ公共の場所を掃除しようとはすることはまずない。報酬でさえ十分でなければ動かないだろう。誰に頼まれなくても、常に公共の場所を大切にする意識のある日本人は、確かに民度の高い国民と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)