日本では多くの中国人が生活しているが、中国では「日本人は冷たい」など、日本での生きづらさを訴える声もある。では、なぜこれだけ多くの中国人が日本に来たまま国に帰らないのだろうか。そんな素朴な疑問に対し、ある在日中国人女性が中国の動画サイト・西瓜視頻で答えている。

 自らも日本に住んでいるというこの女性は、「日本は住みやすい国だ」と伝えている。空気はきれいで食べ物も安心安全で、生活環境が整っていると紹介。また、低所得世帯は政府からの扶助が受けられ、毎年健康診断が受けられて子どもの医療費は無料など、福祉面も充実していると日本の良さを伝えている。

 では、多くの中国人が気にしている「日本人の冷たさ」はどうなのだろうか。配信者は、日本の職場は仕事ができれば大切に扱ってもらえるほか、近隣住民との関係についても、会ったら自分からあいさつする程度の礼儀さえ守れば、十分うまくやっていけると紹介。見方によってはこれを「冷たい」と評価するのだろうが、中国よりもシンプルな人間関係でむしろ生活しやすいともいえる。

 これに対して、配信者の考え方に賛同するコメントが多く寄せられた。「日本人が冷たそうなのは見た目だけで、エレベーターで会えばあいさつする。中国ではしゃべらないものだ」と、見知らぬ人に対しては中国人の方が冷たいと指摘する人もいた。

 コメントのなかには、この日中間の違いを、荘子の名言「君子の交わりは淡きこと水の如し」で表したものもあったが、まさにその通りだ。確かに、日本人の人間関係は水のようにさらさらしていると言える。むしろ、「冷たい」と言われる日本の方が生きやすい面もあるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)