日本には多くの鉄道ファンがいるが、列車に乗車することを楽しむ「乗り鉄」は少なくない。こうした乗り鉄にとっては外国の寝台列車も非常に興味深いことだろう。中国メディアの百家号はこのほど、日本人による中国と韓国の寝台列車についての評価を紹介する記事を掲載した。

 今でこそ高速鉄道が普及して寝台列車は減少している中国だが、それでも一定の需要があり、あえて寝台列車を選ぶ中国人も少なくない。記事は、中国の寝台列車について「硬臥」と「軟臥」の2種類あると紹介。「硬臥」は1室に3段ベッドが2つあって料金は安めで、「軟臥」は1室に2段ベッドが2つでゆったりしているが料金は高めだと伝えた。

 一方の韓国の寝台列車について記事は、「韓国には一般的な寝台列車はない」と指摘し、国土が大きくないので必要性ないからだと主張。しかし、観光用の寝台列車「ヘラン号」があり、これはソウルを出発して韓国を1周する旅だと紹介。全室個室で入浴設備もあり、豪華な食事も出るが、料金は非常に高いという。

 そのうえで、ある日本人が中国と韓国の寝台列車を比較したと伝え、「中国の寝台列車は清潔だったものの、韓国の寝台列車と比べると設備は簡素だという感想を述べた」と記事は伝えた。同じ寝台列車とはいえ条件の異なる寝台列車なので、これはあまり公平な比較とは言えないだろう。そのため記事は、中国にも瀋陽から長白山までの観光用寝台列車があるので、「日本人は観光用寝台列車に乗車してみて欲しい」と勧めている。

 広大な国土の中国の寝台列車は、さまざまな景色を楽しむことができるほか、乗り合わせた他の乗客との交流を楽しむことのできる機会ともなる。今は新型コロナウイルスの影響で海外旅行は難しいが、いつか中国の寝台列車を体験する機会があれば一味違った旅行が楽しめるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)