外国人観光客は日本に来ると、日本の静かさに驚くことが多い。特に、にぎやかな中国から来た旅行客は、日本人の話し声が小さく、列に並び、よくお辞儀し、公衆の面前では「ケンカ」をしないのを見て「民度が高い」と感じるようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻は、「日本人が街中でケンカをしないのは、民度が高いからなのか」について分析している。

 この動画は日本に住んで2年になるという中国人男性が配信したものだ。この男性は、「日本人がもの静かでケンカをしないのは、民度が高いからではない」と主張。「罰を恐れているからだ」としている。ここでいう罰とは法律違反による処罰のことではなく「世間の目が、日本人の行動を律している」ため、日本では相手や世間に対して「恥」となる行動を避けなければならないと論じた。

 例えば、公共の場所で騒いだり、痰を吐いたりなどのマナー違反をすると、周りの人が「白い目で見る」ので、他人に迷惑をかけられないと指摘。「日本人の視線にはそれだけの殺傷力がある」と伝えた。そのため日本人は「ドラマの役者のように演じて生活している」のでとても疲れ、息が詰まると主張。「日本人は喜怒哀楽を表情に出して生きられる中国人を羨ましいと思っている」と締めくくっている。

 これはあくまで投稿者個人の意見だが、コメントを見るとそれに賛同する人は少ないようだ。「方法はどうあれ民度は上げなければならない」という人や、いずれにせよ「日本人の自律性は高く、民度が高いのは事実」、さらには配信者が言う「世間」は「重要な概念であり、重要な存在」として肯定する人も見られた。

 中国では街中で人々が言い争ったり、ケンカしたりする光景は日常茶飯事だ。中国では自分の主張を通したければ「大声を張り上げなければならない」が、これは日本との大きな違いだろう。この点、日本の「世間の目」は一定の抑制効果になっており、やはりこれは民度の高さとも関係があるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)