後発ながら急激な発展を遂げ、今や中国全土へと広がった中国高速鉄道。その営業距離は世界一であり、営業速度も最高時速350キロで世界一だ。しかし、こうしたデータ以外の面では日本の新幹線に及ばない分野もあるようだ。中国の動画ポータルサイト・西瓜視頻はこのほど、「中国高速鉄道は本当に日本の新幹線を超えたのか」と題する動画を配信し、新幹線が勝っている点を紹介した。

 動画がまず指摘した新幹線の強みは「安全性」だ。1964年に開通した新幹線は「すでに55年以上も安全に運行がなされている」と紹介。開業以降、台風や地震はなんども発生しているものの、「乗車中の乗客の死亡事故は1度も起きていない」と称賛した。中国高速鉄道もここ数年は大きな事故が起きていないとはいえ、2011年に発生した温州市鉄道衝突脱線事故では多くの死傷者を出している。

 また、新幹線の「年間平均遅延時間は36秒だった」と紹介。これは2011年の東海道新幹線のデータと思われるが、年間約12万本も運行しているなかでのこの数字はまさに驚異的と言えるだろう。中国高速鉄道も、以前の普通列車と比べるとずいぶん時間に正確になったが、大雨の中で上述の事故を起こした経験からか、大雨になると大幅に遅延することが少なくない。

 さらに新幹線の運営面における驚異的な点として、「わずか7分で新幹線車両をきれいにする清掃チーム」がいることを紹介。あまりの速さに動画では「きっと何か魔法を使っているに違いない」とユーモアを込めて称賛している。

 この動画に対して中国のネットユーザーから「数字で新幹線を超えても、サービスの品質では全く追いついていない。駅弁だけで相当の差がある」、「日本とドイツからの部品供給が途絶えたら、中国の半分の高速鉄道が動かなくなるのではないか」などのコメントが寄せられた。営業速度や営業距離で中国高速鉄道は世界一になっているとはいえ、まだまだ新幹線に及ばない点も少なくないと認めているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)