中国メディアで日本の高い技術力が話題になる一方、日本のサービスも質が高いとネットで取り上げられることがある。中でも、日本の引っ越し業者はレベルが高く、値段以上のサービスが提供されていると中国メディア百度が取り上げている。どのようなサービスが、日本在住の中国人に驚かれるのか。

 記事は、日本国内で引っ越しを経験し、日本の引っ越し業者を利用したことのある人からの経験談を紹介している。日本で引っ越しをする場合、通常は引っ越し業者に荷物の運搬を依頼する。その際、ただ荷物を運搬するだけではない付加価値の高いサービスが提供されている、と述べている。例えば、荷物の片づけはプロの技術を持つ片付け担当の女性たちが付き添って収納していく。また、大きい荷物の運搬は別の大物家具を運ぶ専門家が運んでいく。家具は傷つかないよう養生され、部屋の隅々に保護用シートが貼られる。

 さらに、引っ越し先へ移動した後は、引っ越し業者のスタッフも作業服を新しいものに着替えて向かう。前の家の運搬時についたほこりなどを、新居に持ち込まないよう工夫されている。また家具の設置場所は、引っ越し前にあらかじめ打ち合わせが行われ、きちんと設置場所の位置を計って設置される。

 こうした細やかで、質の高いサービスに中国メディアも終始驚いている。まとめとして「値段はそれなりに高いが、こんなに細やかなサービスが提供されるなら、十分値段に見合っている!」と結論付けている。

 経済発展を遂げている中国だが、生活の様々なサービスの質が向上するのはこれからのこと。特に、中国では引っ越しをする際には運送業者に頼むが、業務は荷物の運搬だけでここまで細やかなサービスが提供されることはない。日本の引っ越し業者のような細やかなサービスが利用できたら、と考える人も多い。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)