日本は1990年代ごろまでは家電や電子機器分野で世界をリードしてきたが、近年では韓国や中国などのメーカーが台頭してきた。しかし、それでも「中国製品では日本製品の代わりになれない」分野があるという。中国メディアの騰訊はこのほど、「代替の効かない日本製品」を3つ紹介する記事を掲載した。

 1つ目は「デジタルカメラ」だ。記事は、デジタルカメラ市場ではキャノンとニコンがほぼ独占していると紹介。デ・・・・

続きを読む