日本の公共交通機関には、利用者に親切な設計やシステムが随所に見られる。中国の動画ポータルサイト・西瓜視頻は27日、人に優しい社会や設計とはどういうものかを知りたければ日本の公共バスを見れば良いと伝え、「親切さが余すことなく徹底的に体現されている」と伝える動画を掲載した。

 この動画では、日本のバスがいかに利用者に優しいかを紹介しており、「優しさ」の1つが、バス停でバスが停車すると「車体が傾く」ことだと紹介。利用者が乗降しやすいようになっていると感心している。

 2つ目は「運賃の支払いも利用者に優しいこと」だ。中国のバスは、最近はモバイル決済での支払いも可能になったが、少し前までバスカードがなければ現金のみであり、しかもおつりが出ないので小銭がないとバスに乗れないという非常に不親切なシステムだった。その点、日本のバスは両替機が付いていて非常に便利で、利用者中心のサービスだと伝えた。

 3つ目は「降車ボタンが両側にたくさんあること」。中国では降車ドア前にしかボタンがなく不便で、降車前にボタンの場所まで車内を歩いて行かなければならないのは危険でもある。しかも、ボタンが壊れていることも珍しくなく、運転手に向かって「次で降りる」と大声で意思表示しなければ降りられない。それが、日本のバスではどの席からも座ったままボタンが押せるようになっていて、非常に便利だと称賛している。

 バスひとつとっても、日本と中国との間にはこれだけの違いがあるのが現実だ。この動画に対して、「中国の場合は仕方がない」とあきらめのコメントも見られたが、多くの人はバスの運転手の態度の違いを指摘している。ある人は、「中国のバスは高齢者だろうが子どもだろうが乗車したらすぐに走り出す」と中国でよくある不満を示し、別の人は日本の運転手は車いす利用者のために降りて手助けまでしてくれると比較している。日本の公共交通機関からは、利用者の立場になって考えられた優しさがあると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)