中国のネット上で盛んに語られる「日本と中国の差」。経済面から国民の民度まで、様々な分野で日中の差や違いが議論されているが、中国の動画ポータルサイト西瓜視頻はこのほど、日本の農村部について紹介する記事を掲載し、「日本と中国の本当の差は農村部を見ればよく分かる」としている。

 動画では、日本の農村部は「農村というより郊外といった方が適切だ」と主張。都会ではないのに非常に現代的で、清潔で設備などがよく整っているので生活が便利だと伝えた。それで日本の農村は「生活環境がとても良いという印象」としている。一方、中国の農村部は、都市部と比べると生活環境がお世辞にも良いとはいえず、生活インフラが完備されていない農村も多いため、非常に不便な生活を送っている人は少なくない。

 また、日本の農村部は「自然環境も素晴らしい」と称賛。川の水もきれいで、「まるで公園のようだ」と感想を述べている。さらに、日本は農業の機械化が進んでいると紹介。この点で中国は遅れており、いまだに手作業の地域が多いため、多くの若者が都市部へ行って仕事をすることを選ぶと問題点を指摘した。このほか、日本は農作物の価格が高いが、そのため農家の収入も高く、農業で生計を立てるのも可能であることを伝えた。

 中国の都市部は非常に発展しており、先進国と比べると後から発展した分だけインフラ設備も新しく、日本より進んでいる面も少なくない。しかし、日本は農村部でも都市部とそれほど変わらない生活レベルであるのに対し、中国の農村部は都市部との生活の格差が非常に大きく、「極めて立ち遅れている」のが現状だ。中国の農村部が日本のように発展した時、真の意味で先進国の仲間入りができるのかもしれないが、その道のりは遠そうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)