2020年初、台湾で行われた総統選では民主党の蔡英文氏が国民党候補に大差で勝利し、台湾における中国への警戒感の高まりが明らかになった。中国は最近、軍事面での圧力も高めているが、中国が「1つの中国」政策を強行的に進めようとすればするほど逆効果になっているようだ。中国メディアの網易は24日、中国寄りとされる台湾の国民党員の意見を紹介する記事を掲載し、「台湾では学校教育で日本統治時代を好意的に扱っている」と驚きを示している。

 この国民党員は「台湾は民進党の誤導のもと、ますます中国から離れていっている」と批判。その主張によると、台湾は「教育の現場で日本の植民地時代を堂々と好意的に伝えている」そうだ。日本の統治時代と比較して、中国の植民地になるのとどちらが良いか子どもたちに考えさせた教師もいるとし、「これには驚くばかりだ」と感想を述べている。

 さらに、今の台湾人は日本の統治時代を好意的にとらえているが、「それは民進党の計画的な刷り込みだ」と主張。実際には、日本が台湾から撤退した際にそれを記念する歌が作られるほど台湾人は喜び、代わりに入ってきた国民党は歓迎を受けたと伝えている。

 そのようなわけで、この国民党員は「民進党は計画的に歴史を改ざんしている」と主張。台湾は中国のものではないと主張している民進党は、実は台湾でかなりの反感を買っており、中台の平和統一は可能であって「国民党は野党だとはいえ、やるべきことを行い、進むべき道を進むべきだ」と論じた。

 しかし記事の主張は大げさで偏っていると言わざるを得ない。台湾で一般論として日本統治時代が好意的に語られるのも、国民党と比較してのことであるのは有名な話だ。こうした報道を中国で行うということは、米中の対立から最近台湾支持を鮮明にしている米国に対する焦りが表れているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)