自動車産業は日本の製造業をけん引する基幹産業であり、その経済的な影響力は非常に大きい。しかし、日本には自動車産業だけでなくもう1つ「金のなる木」と言える産業があるという。中国メディアの網易は21日、日本が半導体材料の分野でいかに大きな力を持っているかについて紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本はもともと「半導体強国」だったと指摘し、1980年代にはDRAMの世界シェアが80%に達する・・・・

続きを読む