日本の幼児教育に関する記事が中国メディアでしばしば取り上げられている。21日付の中国メディア百度の記事も、日本の幼児教育から中国も学ぶ点は多くあると率直に認めている。その教育に対するまじめさは「変態的」とまで言っているが、中国メディアから見てどのような点がそれほどすごいと感じるのか。

 1つ目は、子どもたちだけで登校する点。日本では子どもを甘やかさず、自分のことは自分でさせる。朝起きてから、着替え、登下校など、なるべく自分でさせることで子どもが自立心を養うことができる。

 もう1つはランドセルを自分で持つこと。中国では登下校時に親が付き添い、かばんも親が持つ場合が多い。しかし、日本では子どもに自分の荷物は自分で持たせる。「自分のことは自分で」という言葉どおり、子どもたちは登下校時にも自分ですることを学んでいる。

 3つ目は家庭内でのしつけ。日本の家庭では、あいさつ、マナー、ルールを、子どものころから教え込んでいる。というのも、日本の社会はいろいろな場所に規範があふれており、子どもたちが家庭で規範を学ばなければ、子どもたちが社会に出てから苦労することになるからだ。

 以上の点をふまえ、記事は日本の幼児教育にならって中国が改善を必要とする点を挙げた。1つ目は幼児期の運動。日本では部活やクラブ活動などで運動をする子供も多い。運動は子どもの精神を鍛え、ストレスに強い心を育てることができる。もう1つは、子どもを過度に甘やかす傾向。子どもに最高の環境を与えてあげたいと願う親が、子どものことをなんでもしてしまうことがある。しかし、子どもを甘やかす子育ては子どもの成長を阻み、子どもの成長に害になる。

 記事は、「日本の幼児教育を見れば、今、中国で何を改善すればいいのかがわかる」とまとめている。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)