日本は新幹線の輸出を積極的に推進しており、アジアの高速鉄道市場を中心に中国と受注競争を繰り広げてきた。インドネシアでは日本の受注が確実視されていたものの、後から受注競争に参戦した中国が土壇場で受注を奪ったこともあった。

 日本と中国は高速鉄道市場におけるライバル同士だと言えるが、中国メディアの百家号は18日、「新幹線は中国高速鉄道にとっての最大の強敵」だと主張する記事を掲載した。 <・・・・

続きを読む