中国のポータルサイト・百度に20日、生活の質を下げることなく食費を大幅に節約している日本の女性を「節約も技能の一つ」として紹介する記事が掲載された。

 記事は、物にあふれた現代社会ではしばしば「無駄遣い」が発生するとした上で、無駄遣いを極力排除して、必要最低限の食費で節約生活を送る日本の女性がネットで注目を集めていると紹介した。

 そして、女性が行っている節約生活について「何もかも倹約倹約で生活の質を犠牲にすることはない」とし、基本的な生活の質を保った上で無理のない節約を続けているのだと説明。節約のターゲットは主に食費であり、スーパーマーケットが安売りをする週末に合わせて一週間分の食料品をまとめて買うことが大きなポイントだとしている。

 また、一週間分の食材をまとめて購入するにあたり、あらかじめ一週間分の三食の献立を決め、リストアップした食材のみを購入していくことで、必要のない物を買う心配がなくなるほか、まとめて買うことによる時間の節約にもつながるのだと伝えた。

 さらに、メニューをまとめて考えることにより、昼食の弁当作りも苦にならないというメリットもあると紹介。毎日弁当を作って職場に持って行けば、栄養バランスも自分で整えることができるため、体の健康を保つこともできるとした。

 記事は「お金の節約も、一種の能力である。長い時間自らを律し、継続することで、必ず大きなリターンを得ることができるのだ」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)