中国でも国産のアニメ作品が次々と作られており、その質も年々あがっている。しかし、未だ日本や世界でも人気になるような作品は生み出せていない。特に、アニメの大きな市場である日本で、中国のアニメ作品の人気がないのはなぜか。中国メディア創業邦がこの点について分析している。

 一つ目は、アニメ制作の環境という問題。日本では長年にわたりアニメが制作され、さらにアニメビジネスが確立されている。一方、中国ではまだまだアニメ制作が始まったばかりで、原画制作や録音システムなどの、あらゆることを一から準備していかなければならない。結果として、未熟さが作品にも表れてしまっている。

 さらに、もう一つは中国文化に関する要素。中国の視聴者を意識して、中国で作られるアニメ作品には中国の故事や古典からのエピソードを題材にするものも少なくない。また中国の道教の文化を汲むようなエピソードもあり、こうした文化的な色彩からも、他の国の人々からわかりにくく、つまらないと見られがちなのではないかとも分析している。

 実際に、中国アニメを見た日本の視聴者からのコメントも辛口なものが多いと述べ、一方で「より中国らしい作品も見てみたい」とのコメントもあると指摘している。

 記事は、「これまで確かに中国アニメは日本で成功できていない。しかし、日本を視野にアニメを制作してきたことで、日本の視聴者の反応や好みを知ることができる、という面は収穫と言える」とポジティブな意見でまとめている。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)