ラーメンや餃子、チャーハンなど、日本人の食文化には中華料理がすっかり定着している。中国4大料理の1つである「四川料理」の人気も非常に高いと言えるだろう。中国メディアの今日頭条は17日、「どうして日本人は四川料理が好きなのか」と題して、日本の四川料理を紹介する記事を掲載した。

 四川料理で日本人に愛されている代表的なものには、「麻婆豆腐」、「担々麺」、「回鍋肉」などがあるだろう。しかし、日本人は伝統的に淡白な料理を好んできたのに、辛さに特徴のある四川料理がこれほど愛されているのはなぜだろうか。記事は「なんといってもおいしいからだろう」としながら、日本で広まるようになった3つの理由を紹介している。

 1つ目は、「四川料理に魅せられた人たちが日本中に広めたこと」。日本人の大好きな麻婆豆腐を、いくつかの専門店で競う四川フェアを開催したり、本場の中華料理を食べてもらう、四川行きのツアーを組んだりしてきたと伝えている。

 2つ目は、日本における四川料理の父とも言われる「陳建民氏の功績」だ。テレビで四川料理を紹介し、料理学校を設立して広めたと紹介した。3つ目は「日本人の口に合わせて改良したこと」。回鍋肉にキャベツを使い、汁のない担々麺はラーメン風に変え、麻婆豆腐には花椒の代わりに山椒を使うなど、四川料理は日本人の好みに合わせて変化を遂げてきた。

 四川出身者が見れば、日本の四川料理は別物だと思うかもしれないが、日本風に変化してきた四川料理もまた魅力的だ。やはり「一番大切なのはおいしいこと」だろう。本場の四川料理はもちろん、日本の四川料理も引き続き日本人に愛されていくのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)