2020年7月、中国の高速鉄道の営業距離が3万6000kmとなり世界一となった。最高速度記録も中国の高速鉄道が次々と塗り替えている。国際社会の鉄道開発競争が激化する中、中国が海外の鉄道開発を受注することも多くなってきている。では、日本の鉄道開発はどうなっているのだろうか。徐々にその国際社会における位置づけは後退しているのだろうか。中国メディア百度がこの点について答え「いや、ある分野においては未だに日本がトッ・・・・

続きを読む