「信号無視」は中国で頻繁に見かける行為だが、中国メディアの百家号は12日、「日本ではなぜ誰も信号無視をしないのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本では車の運転手でも歩行者でも信号無視する人が少ないことを強調し、これは「日本人は信号無視をして事故に遭った場合、過失割合が大きくなってしまい、金銭的な損失が生じる可能性を懸念しているためか」と問いを提起し、中国社会には実際にこのような考え方をする人も少なくないと紹介した。

 この問いに対して、日本人が信号をちゃんと守るのは金銭的な理由によるのではなく、あくまでも「モラルの高さ」にあると強調、日本は「世界で最も規則を遵守する国」であると称賛し、こうした法律や規則を守る意識の高さは「幼いころからの教育」によると説明した。

 では、幼いころからの教育はどれほど重要なのだろうか。この点について、信号を守ることを含む日本社会の優れた秩序は「罰則の存在」という単純な要因によるものではないと断言し、日本人は幼いころから「ルールを守ることに敬意を持つ」よう教育を受けているため、1人1人が進んでルールを守ることができ、また日本社会全体にもルールを守ろうとする良好な雰囲気が存在しているのだと指摘した。

 中国では電動バイクが人々の主要な交通手段となっている。電動バイクは歩行者と同じように横断歩道を渡る必要があるが、実際には電動バイクが集団で信号無視をするという光景は頻繁に見受けられる。中国では信号無視は悪いことではなく、むしろ時間を有効に活用するための手段と考える人が少なくないのだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)