中国人が近代日本を語るうえで欠かせないのが「明治維新」という言葉だ。日本は西洋からの圧力により開国し、その後の改革にも成功したが、同じく西洋からの圧力を受けていた清王朝はなぜ違う結果になったのだろうか。中国メディアの百家号は10日、「西洋からの圧力を受けた国である日中はどこで差が生まれたのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本も清王朝も「西洋から強制的に開国させられた」と紹介。開港を迫られ、不平等な条約を結ばせられたところまでは日中とも似ているのに、なぜその後は差が開いてしまったのだろうか。記事は、3つの理由が考えられると紹介している。

 1つは「日本には清の先例があった」こと。西洋強国に軍事力で太刀打ちできないことを知っていたので、アヘン戦争のような同じ轍を踏まずにすんだとしている。2つ目は「徳川幕府に代わる有力な勢力があったこと」。日本の場合は薩長などがそれにあたるが、中国には清王朝に代わる有力な勢力がなく、視野の狭い農民しかいなかったと分析した。

 3つ目は、小さな日本はそれだけ「期待もされていなかった」こと。中国とは違い、日本には茶葉や銀、紡績のような貿易として価値のあるものがなかったので期待もされず、中国に進出するのに便利なので「中国のついでに開国させた」程度だったと分析している。

 最後に記事は、あえていえば日本には明治天皇がいて人材を重視するという違いもあったとも付け加え、西洋列強の侵入を阻止し、その後に近代化を遂げた日本は「アジアで最も文明的な国」かつ列強の一角になったのに対し、中国は「その後100年も苦難が続くことになってしまった」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)